Selene AOC Beaujolais Villages セレネ・ボージョレ・ヴィラージュ【2018】/Sylvere Trichard シルヴェール・トリシャール
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Selene AOC Beaujolais Villages セレネ・ボージョレ・ヴィラージュ【2018】/Sylvere Trichard シルヴェール・トリシャール

¥3,850 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

商品名/Selene AOC Beaujolais Villages セレネ・ボージョレ・ヴィラージュ【2018】 ワイナリー/Sylvere Trichard シルヴェール・トリシャール 産地/フランス、ボージョレ 葡萄/ガメイ タイプ/赤 容量/750ml 価格/税込3850円 【ワインについて】 (輸入元参照) およそ7ヘクタールの石灰質、粘土質、花崗岩の畑で樹齢60年の古木が植わる区画。 半分はタンク熟成で、もう半分は古樽にて熟成。赤い花の香りに、木苺の香り豊か。ほのかに感じるタンニンが心地よく、とてもエレガント。 【ワイナリーについて】 (輸入元参照) 2012年からボージョレ、ブラッセ村にてワイン造りを始めた、自然派最若手生産者。シルヴェールは子供の頃からいつもぶどう畑にいた。おじさん がワイン生産者で、ドメーヌ・ド・ラ・フーリィという名前のドメーヌを所有していたからだ。18歳からおじさんのドメーヌで働いて以来数々の生産者で経験を積んだ。2002年、JCラパリュに出合い収穫を体験、その際、自然派ワイン醸造というものを始めて知った。その経験が、彼のワイン造りに対する興味にスイッチを入れたのだった!2008年農業開拓責任者資格(BPREA)を取得、同時に醸造学と有機農業を履修した。彼は、ドメーヌ・ベリュアールにて研修をしたが、そこですっかり自然派ワイン造りというものに魅せられてしまった。2012年、彼はおじさんのぶどう畑を譲り受け、遂に自身のワイン造りが始まった。おじさんは当初よりビオ、ビオディナミにてぶどう栽培を行っており、当然その自然な栽培方法を受け継いでいる。つまり、常にビオディナミが行われていた畑のぶどうでワインを造っていることになる。彼は『すべては畑だ。キレイで健全な葡萄を育てて、健全な葡萄だけを発酵槽にいれれば、酸化防止剤(SO2)など添加する必要もないし、自然酵母だけで問題なく発酵する。』と言っています。彼のワインの味わいは、まさに最先端の自然派そのもの!軽やかでフレッシュ感に富んでいるが、骨格はしっかり存在し、エレガントな味わいが特徴。”セレネ”とはギリシャ神話に登場する「月の女神」。ビオディナミを実践するワイン造りを象徴するワイン名だ。